ゆきこママが思うこと・・・「心おだやかにぐっすり眠っていただきたい。そして、少しでもやさしい世の中になってほしい」 ・・・・・ ただ、それだけです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石けんと合成洗剤の見分け方
石けんと合成洗剤の見分け方

容器側面、もしくは裏面に掲載されている「家庭用品品質表示法」の「品名」と「成分」を確認してみて下さい。

石けんも合成洗剤も「界面活性剤」の1種です。
が、「石けん」に分類されるのは「脂肪酸ナトリウム」と「脂肪酸カリウム」です。
動植物性油脂に苛性ソーダ(液体は苛性カリ)を反応させたもののみです。

それ以外の界面活性剤(合成界面活性剤)を主成分とするものは、全て合成洗剤です。

界面活性剤とは、洗剤の主成分です。

油になじみやすい成分と水になじみやすい成分を1つの分子に合わせ持つことで、水に溶けにくい油汚れを浮かせてとり、再汚染防止といった性質も持っているもの。

「脂肪酸ナトリウム」や「脂肪酸カリウム」も界面活性剤です。
だから、石けんは、界面活性剤そのものとも言えます。

つまり、界面活性剤自体は決して悪い物ではありません。
問題なのは、合成界面活性剤。

洗浄力をもっと強める為に、天然の原料だけでなく、さまざまな化学物質が配合されています。
油汚れをとる力を強める為に、タンパク質の分解能力を高めている事が多く、それが、肌荒れ等の原因にもなっています。

やっぱり、ゆきこママは、石けん生活をおすすめします。

※市販のシャンプーやリンスの多くは、合成洗剤に分類されるのですが、これは化粧品に属するため「合成洗剤」の表示はありません。







スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © ゆきこママは快眠セラピスト. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。