ゆきこママが思うこと・・・「心おだやかにぐっすり眠っていただきたい。そして、少しでもやさしい世の中になってほしい」 ・・・・・ ただ、それだけです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠と風邪のふか~い関係
娘が昨日、学校からこんなプリントを貰ってきました。

**********************************

「睡眠と風邪のふか~い関係」

風邪をひかないように日頃から十分気をつけていても、朝目が覚めた時に喉がイガイガし、「しまった!」と思ってしまうことがある。

もちろん、睡眠は1日の疲れをとり、風邪に対抗するための体力を回復するために欠かせないが、睡眠中は残念ながらウイルスへの抵抗力が弱まる時間でもあるのだ。

風邪に対する見識の深い歯学博士の臼田篤伸医師が335人に対して行った調査によると、起床時に風邪に気付く人が全体の半数近くを占めている。

臼田医師によると、睡眠中の風邪は自律神経の働きと関係しているという。

自律神経には、活動時に優位になる交感神経と、リラックス時に優位になる副交感神経の2種類があり、睡眠中は、この副交感神経が主として働いている。
副交感神経が優位になると体の各器官の働きを緩慢にするため、唾液の分泌や唾液を飲み込む動きが著しく少なくなり、喉が極端に乾燥してしまう。
実は、この乾燥した「喉」こそが、ウイルスの繁殖に最適な環境。
鼻や喉が乾燥すると異物を排出する繊毛の働きが鈍るので、ウイルスがより進入しやすい環境を作ってしまうのだ。
しかも、睡眠時には体温も下がっている為、ウイルスにとっては、体内に入り込む絶好のチャンスなのである。

**********************************

娘が休みの朝、ちょっと風邪気味になるのは、①睡眠時+②休日前で副交感神経がすっごく優位になり、喉が乾燥してしまうからなんですね。

その上、休みの前日に③ふとんを干すと、トリプルパンチなんですね。
そして、娘は、④口を開けて眠ります。
あ~、だから、いくら気を付けていても風邪をひきやすくなるわけですね。
妙に納得

そこで、マスクを着用。
マスクが風邪対策に大いに役立っています。

たかがマスク、されどマスクですね


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © ゆきこママは快眠セラピスト. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。