ゆきこママが思うこと・・・「心おだやかにぐっすり眠っていただきたい。そして、少しでもやさしい世の中になってほしい」 ・・・・・ ただ、それだけです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの睡眠
ゆきこママが最近、思うこと、感じること。

■増える子どもたちの睡眠障害

夜型の生活習慣が定着する中、子どもの睡眠時間を、親の生活習慣に合わせていませんか?
子どもにとって十分な睡眠が大切なのは、ぐっすりと深く眠っているノンレム睡眠時に、成長ホルモンがたくさん分泌されるから。
眠っている間に成長を促進し、力を貯えているというわけで、文字通り「寝る子は育つ」なのです。

成長ホルモンや、覚醒後の活動に備える副腎皮質ホルモンが分泌されないとなると、子どもの発育にとって重大問題といえます。
「キレる」という言葉で表現されるような子ども達のストレスの原因にもなります。

また、脳の発育ばかりでなく、免疫力が低下し、アレルギー体質や病気になりやすくなります。これは大人にも言えます。

■子どもの睡眠時間

幼児にとっての正しい睡眠時間帯は、午後8時から翌朝6時までの10時間。
できるだけ同じ時間に床につかせ、同じ時間に起きる、という基本的な生活リズムを作ることが大切です。

■体のリズムと頭の働き

受験生は夜遅くまで勉強することが多いようです。
でも、実際一番効率が良いのは、脳の活動水準が高まっているときに集中して勉強し、低下してきたら迷わず睡眠をとるという方法です。
体のリズムに即した時間に勉強をしないと、いくら詰め込んでも脳は受け付けてくれません。

■睡眠障害は寝具障害からも起こる。

睡眠障害は、睡眠リズムに悪影響を与える寝具からも起こります。
市販されている子ども寝具は残念な事に合成繊維のものが多くみられます。
我が国のように湿度の高いところで発汗量の多い子どもがこれらの寝具で眠っていたら寝苦しいのは当然です。
一度一晩、お子さんのふとんでぐっすり眠れるか試してみて下さい。
思いもよらないことがわかるかもしれません。

睡眠館オーガニックからのお願いです。

そんなこんなで、皆さまの笑顔にお会いできる日を楽しみにしています。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました・・・ゆきこママこと谷澤幸子

睡眠館オーガニック
http://www.suiminkan.net/
アロマ&リフレ ゆきこママの部屋
http://www.suiminkan.net/aroma/

お問い合わせ
パソコンメール:organic@hm.aitai.ne.jp
電話:0565-21-0125


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © ゆきこママは快眠セラピスト. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。