ゆきこママが思うこと・・・「心おだやかにぐっすり眠っていただきたい。そして、少しでもやさしい世の中になってほしい」 ・・・・・ ただ、それだけです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使わないで・・・電気毛布
今朝も寒かったですね
おふとんの話が続いてしまいますが、大事なお知らせです

こんな寒い日は「電気毛布を手放せない」と言われる方がたくさん。

ちょっと待って

寒い冬、電気毛布は体がポカポカと温めてくれる気持ちのよいもの。
しかし、これをONにしたまま眠ってしまうと、人間のからだと健康を損なう強敵に変貌してしまいます。

人の体温は活動中は高く、睡眠(休息)中は低くなる自然のメカニズムがあるのですが、電気毛布はこのメカニズムを阻害するため体温が下がりません。

これでは深い眠りがとれなくなるだけでなく、回復力や免疫力も低下させるのです。

電気毛布を使った次の朝、喉が渇いたり、体がだるかったりなんて感じた事がありませんか?

電気毛布に頼らず、ぬくぬく「安心・安全」に眠れる方法はありますよ。
だから、電気寝具に頼るのはやめましょう。

・・・磁気寝具も使わないでね。


スポンサーサイト

枕だけではダメ
「デパートまで行って枕を選んでもらったけれど合わない」と言われるお客様のご来店が増えています。

そんなお客様にカウンセリングをさせて頂くと、枕とお使いの敷ふとんのバランスが悪い場合がほとんどです。

枕と敷ふとんの関係には深いものがあります。
枕と敷ふとんで寝姿勢はつくられます。

いくら枕を合わせても、敷ふとんが柔らかすぎたり硬すぎたりすると、正しい寝姿勢にはなりません。

悪い寝姿勢を長時間続けていると、背骨や骨盤が歪み、神経を圧迫するばかりか、筋肉を緊張させ血液の循環がうまくいかなくなり、身体や気分の不調をひき起こすのです。

shikisinngu.gif


首に負担をかけず背骨がゆるやかなS字を描いている姿勢が正しい姿勢です。

しかし寝ている間は背骨を支えていた筋肉が緩むため、柔らかすぎる寝具では背骨を支えきれず身体がW字型の不自然な寝姿勢になり背骨に必要以上の負担がかかります。

逆に硬すぎる寝具では重い部分だけに血液が集中するので、それを防ごうと必要以上の寝返りを打つので眠りが浅くなり疲労を残す結果となります。

このように、寝具による不自然な寝姿勢が背骨や腰に大きな負担を招きそれを取り巻く筋肉の疲労を引き起こし肩こりや腰痛の原因となっているのです。

睡眠館オーガニックでは、枕だけでなく寝具に関してトータル的にカウンセリングさせて頂いています。

どうぞ、お気軽にご来店ください

ただ、ご来店のお客様のご相談には、ゆったりとした雰囲気の中で、丁寧にお答えしたいと思っていますので、店内には一組のお客様。
その為に、ご予約なしでご来店されると、重なってしまい、ご迷惑をお掛けする事となります。

そこで、枕選びやふとん選びのご相談の際には、前日までのご予約をおすすめします。
土曜日、日曜日、祝日は混みますので、少し早めのご予約をお勧めします。
3月のご予約もぼちぼち入っています。

夫婦2人でやっている小さなふとん屋ですので、どうかご理解くださいませ
よろしくお願いします。

ご予約をされたお客様を優先させて頂きます。
ご予約は、電話0565-21-0125にて承ります。

枕選びで1時間前後、ふとん選びで2時間前後お時間が掛かります。
お時間に少し余裕をもってごらいてんくださいませ。
営業時間はAM9:00~PM7:00です。
時間外は相談に応じますので遠慮なくお問い合わせください。

ご予約についてもっと詳しくお知りになりたい方は、お気軽にお電話を。
電話 0565-21-0125
お問い合わせ時間 AM9:00~PM7:00
定休日 毎週火曜日
よろしくお願いします




更年期とは?
「更年期とは」で調べてみました。

更年期とは、月経が終わる閉経年齢をはさんだ前後の約10年間をいいます。
日本人の閉経年齢は平均50歳といわれていますが、個人差があり、早ければ40歳代前半、遅ければ50歳代後半になる例もあり、人によって異なります。

見る本により、多少年数の違いはありますが、こんな時期ですね。

この時期、ホルモンのいちじるしい変動にともなって、さまざまなからだの変化「更年期症状」があらわれてきます。

私は、昭和35年生まれ。
今現在、更年期の真最中のようですね。
でも、ありがたいことに、体の調子は超!いい感じです。

ただ、こんな私でも、以前は、いろいろと不調がありました。
そんな時、ちょっと年配のお客様からの実体験やらアドバイスやらが本よりもありがたかった

そんな事もあり、いつ頃から、どんな不調があったのか、おいおい書いていきたいと思います。

あくまでも、私自身のことです





太陽のエネルギー
私のストレス解消というか元気になる方法の1つに、あるエネルギーを使います。
それは、太陽のエネルギーです。

太陽は、あって当たり前のように何気無く見ていますよね。
でも、昔は、お天道様って言われていたんですよね。
その太陽のエネルギーを体の中に取り込みます。

やり方は、とっても簡単です。
朝日が昇るとき、太陽に向かって、「どうぞ、私にエネルギーをお送りください」 とお願いして、後はただ、朝日を見ているだけです。
その時、手のひらを太陽に向けてください。
エネルギーのもらい方はこんな感じです。
 
これだけで、心も体もスッキリし「今日も1日がんばろう」と。

朝日が昇ってしまった時には、ウォーキングの途中の小高い所から、やっています。
それでも、同じように「今日も1日がんばろう」と思えます。

ただ、感じ方の違いはあります。

朝が昇る時の太陽エネルギー・・・身も心もキリッと引き締まる感じ。
ウォーキング途中の太陽のエネルギー・・・何かに包まれているようなあったかい感じ。

時々、自分のストレスの内容により使い分けています。

※まぶしくなった太陽は見つめないほうがいいですね。
  目をやられてしまいます。




安心・安全とは?
今年のキーワードは「安心・安全」かなと思われるような問題が起きていますね。

寝具に関しても問われる問題ではないのでしょうか?

中身を目で確認することのできない寝具の選び方はとても難しいですね
そこで、お店の方がどれだけお客様のことを真剣に考え、勉強しているかが重要になってきます。

当店おすすめの羽毛ふとんは、イオゾンα2処理という技術により、不純物を極限まで除去することに成功。同時に、殺菌・漂白・脱臭効果を持ち、清潔度や嵩高性、耐久性、吸湿・発散性にいたるまで驚異的に性能を高める事ができました。

羽毛に付着した夾雑物(鳥のアカ・フケ・ゴミ)や不良羽毛を極限まで除去する事によって、日干し・水洗いが可能になったばかりではなく、アレルギー対策にも有効です。

また、国際的な安全規格の「エコテックス」の認証も受けています。

当店の羽毛ふとんは、厳しい基準をクリアしているので、どなたでも安心してお使い頂けます。
もっと詳しく知りたい方は、お気軽にご相談を。

「安心・安全な羽毛ふとんを使って頂きたい」と毎日考えています。

今日は、ちょっと専門的な話になってしまいました。

実は、昨日のお客様からの質問への答えです。

「羽毛ふとんは安全なの?」と。



どうやって痩せたの?
最近、友達や知り合いからよく聞かれます。
「どうやって痩せたの?」と。

どうやって痩せたかって?
一番は「無理をしなかった」からかな?

以前もダイエットしようと思った事は何回もありました。
でも、失敗
無理な食事制限でやせようとしたから。

食べるの大好き。
お酒も大好き。
そんな私が無理な食事制限が続く訳がない。

では、どうしたか。

「朝はしっかり食べましょう」とよく言いますよね。
だから、私もしっかり食べていました。
ただ、朝は、あんまり食欲は無いですよね。
そして、朝しっかり食べると、お昼なのにお腹が空かない。
でも、食べる。
そうすると、夜もお腹が空かない。
でも、食べる。

これって悪循環
そこで、自分の体に聞いてみたんです。
そしたら、朝は、少しでいいと。
そしたら、お昼にお腹が空くんです。
そして、夜にもお腹が空くんです。

お腹が空いてから食べると、おいしい。

まず、最初にやったのは、自分の体が何をどれくらい食べたいか自分の体に聞くことでした。

続く~


”子供の「脳」は肌にある”・・・山口 創著
トリートメントの講座で知り合った方から教えて頂いた本です。

kodomononou.jpg


”子供の「脳」は肌にある”・・・山口 創著(光文社)

娘達が赤ちゃんの頃「抱き癖がつくから、そんなに抱いてばっかりいたらあかんよ」と言われました。
何の根拠があってそんな事を言われたんでしょう

この本には、スキンシップがいかに必要かが書かれています。

私の娘達は、もう大きいので抱っこはしませんが、時々、スキンシップも兼ねてトリートメントをしています。
トリートメントの後は、とってもいい顔です。

子育て中の方には、特におすすめの本です。
もっと早くこの本に出会っていたらと思うゆきこママでした。

この本を教えてくださった方に「感謝」です。
ありがとうございました

おすすめの一冊です。





子どもも肩こり
最近「お母さん、トリートメントして!」と中学生の娘が一週間に一回は言ってきます。
去年までは、じっとしているのが嫌で、自分からは絶対に言い出さなかったのに「なぜ

原因は、肩こり。
すっごくこっています。

中学生が肩こり?と思われる方も多いと思います。
私もそう思いました。
「どうして、若いのに肩こり」と。

娘の友達の肩も触らせてもらった。
お~こっている。
もはや、肩こりは大人だけの悩みではなくなっているんですね

そこで、娘の肩こりの原因を探ってみた。

・テレビ、ゲーム、インターネット、読書(アニメ)、お絵描き(趣味)、宿題
・運動不足


長い時間同じ姿勢で、筋肉も鍛えてないし動かさない。
う~ん、これだけでも十分肩こりの原因になります。

肩が痛いと集中力も低下し、勉強がはかどらなくなるかもしれません・・・そうかも
また、視力の低下につながるかもしれません・・・実際娘は視力が落ちています

娘に少し、ストレッチでもしたらと提案したんですが、やりません。
土曜、日曜だけでも、私が毎日している、ヨガ+ストレッチを一緒にしようと思います。
さっそく、今週の土曜日から。
そしてトリートメントもしてあげよう

皆さんの子どもさんは、肩こりはありませんか?
今晩にでも、ぜひ、チェックしてみられては?
案外、肩こりかもしれません。






ぐっすり眠るために 太陽の下を走ろう
**********************************
前略

私たち人間は、もともと夜行性の動物ではありません。
本来、昼の明るい太陽の下で、語り合い、働き、愛し合い、ものを考えるようにできている動物です。
私たち人間にとって、夜は、からだや頭を休め、眠るための大切な時間です。
また暗い夜は、私たち人間にとって、非常に恐怖を感じ感情的になってしまう時間でもあります。

中略

子どもたち、太陽の下をいつ走り回りましたか。
太陽の下でいつたくさんの汗を流しましたか。
子どもたち、からだとこころは、実は深い深い関係があります。
今の時代、君たち子どもたちだけでなく、多くの大人たちも、これを忘れています。
そして、狭い部屋に閉じこもり1日中あたまやこころを使い、疲れ切っています。
からだを疲れさせてみませんか。
夜、ご飯を食べお風呂に入ったら、もう眠くてたまらない。
そのぐらいからだを疲れさせてみませんか。
きっとそれが、君たちのこころやあたまのもやもやを吹き飛ばしてくれます。
水谷から、子どもたちへの宿題です。
お願いです。
明日は、太陽の下を走り回ってください。
汗で服がびしょびしょになるまで。

※平成20年2月11日の中日新聞【夜回り先生のエッセー】より引用

**********************************

本当にそうだと思います。
心や頭が疲れていても、身体が疲れていないとなかなか眠れません

大人も子どもも太陽の光を浴びて運動する時間がどのくらいあるのでしょうか
移動のわずかな時間だけではないのでしょうか

ご来店のお客様でなかなか眠れないと言われる方は、やはりデスクワークで運動量が少ないですね。
パソコン系のお仕事の方ほど頭が疲れてみえます。
頭が疲れすぎて、眠れない。
そして、身体が疲れていない。
とてもバランスが悪いですね。

まず、明日の朝、しっかりと朝日を浴びる事から始めてみませんか。
そして、一駅でもいいから前に降りて、歩いてみましょうよ




スキンシップって大事だね♪
私の子どもが赤ちゃんの頃よく言われたことがあります。
泣いている娘を抱くと「抱きぐせがついてダメだ」と。

今思うと、もっと抱いておけば良かった。

子供が成長し、いろんなことを自分でできるようになるとスキンシップの頻度は減ってきますが、それでも触れ合うことはとても大切だと思います。

この時代、子どもたちもさまざまなストレスで悲鳴をあげています。
それを乗り越えて、精神的に安定して成長するために、スキンシップはとても大切です。

たとえ小学校の5、6年生になったとしても、落ち込んでいたり助けが必要な時には膝に抱いてあげることが助けになったりします。
中学生でも、肩を抱いたり、頭を撫でたり。

我が家の娘は、ストレスが溜まると「トリートメントして」と言ってきます。
お陰で、堂々と体中、スキンシップできます。
そんな時、娘の肌は張っています。
過剰なストレスがかかっているからでしょう。

逆に、私が仕事でへこんだ時に、娘の肩を借りたり、頭を撫でてもらったりすることもあります。
すると「もう少し、がんばろう」と元気が出てくるんです。

子育て真最中のお母さん、スキンシップは大切だと思います。
時期も限られています。
スキンシップできる今を楽しみましょう






眠道道場の心得
今日は、大雪
ふとん相談のご予約のお客様も他の日に変更になりました。

こんな日は、初心に帰って睡眠の勉強でもしようと資料を探していたら、あるものを発見。

眠道道場の心得

1つ 
眠道とは睡眠は心をつくることである
よって、良い心をつくるには良い睡眠が必要である

1つ
眠道とは睡眠は気の充実をつくることである
よって、気が充実すれば身体は健康になる

1つ
眠道とは良い眠りから善い社会が生まれることである
よって、充実した睡眠から明るい心の人々の集いができる

入眠時の心得

1つ
今日無事であった事を感謝する

1つ
今日の出来事の中から、楽しかったこと、嬉しかったことを思い浮かべる

1つ
世の所作と思い、嫌なこと、悲しみの心、怒りの心、虐げの心を捨てる

1つ
明日を信じ、己を敬い、人を尊び、前向きに考える

※(株)イワタ会長 岩田卓三氏のお言葉より引用

上記は、以前、大変お世話になった方のお言葉です。
今日は、このお言葉の意味を考える日としました。

まだまだ、人として足りない事ばかり。
へこむ事もたくさんありますが、毎日、一歩ずつ歩いて行くしかありません。

こんな事を考える時間をくれた雪も時にはいいもんですね





有言実行が決め手
ダイエットは、有言実行に限りますね
不言実行は、嫌になってやめても誰からも何も言われないもの。

「ちょっとやせた」と言われようものなら、それを維持しようと気をつけますよね。
それが、有言実行の狙いです。

それと久しぶりに会った友達との会話です。

ランチを食べながら、1時間くらいおしゃべりをしていても「やせた」と言ってくれない。
そこで、「実は、健康維持の為に10㎏ダイエットして、標準体重になったんだよ。」と私。

そしたらなんと友達がこんな事を。
「苦労してやつれたと思い、やせたって聞かなかった。」と。
・・・えっ?何?そんなふうに思うんだ?
自分から言ってよかった。
言わずに別れていたらずっと、やつれたと思われていたんだ。

そうです、こんな事もあるんです。
だから、有言実行をおすすめします



寝る子は育つ
むかしから「寝る子は育つ」と言われていますが、これは本当です

子どもにとって十分な睡眠が大切なのは、ぐっすりと深く眠っているノンレム睡眠時に、成長ホルモンがたくさん分泌されるから。

この成長ホルモンが最も分泌されるのが幼児期4~5歳といわれています。

眠っている間に成長を促進し、力を貯えているというわけで、文字通り「寝る子は育つ」なのです。

逆に睡眠不足だと、睡眠を基本とする生活リズムが乱れて眠れなくなってしまうので、ホルモンの分泌や神経の働きまで狂うことに。

成長ホルモンや、覚醒後の活動に備える副腎皮質ホルモンが分泌されないとなると、子供の発育にとって重大な問題といえます。

やはり、基本は「早寝早起き」ですね。

これは、大人にもいえます。
「成長ホルモン」は大人にとって「疲労を回復」をしてくれる、とってもいいホルモンなんですよ。

・・・私も、その日のうちに、ふとんに入るようにしています

※基本は「早寝早起き」ですが、寝具の良し悪しで眠りの質も大きく変わります。
子どもさん、特に赤ちゃんの寝具選びは非常に大切です。




瞑想
今日は定休日

午前中は、ちょっとお仕事ではないお仕事っぽい勉強会へ。
アーユルヴェーダーにちょっと興味があったり、自分自身の体質を知る為に、行ってきました。

その後で、岡崎の楽の湯へ。
月に1回ぐらいサウナで心からあったまる為に行っています。
・・・サウナは好きなほうです。

そこでの事です。

露天風呂に浸かり、ボーっと空を見ていました。
その時「こんなに何も考えずに空を見たのはいつだったかな?」と。
そうなんです。
大人になってから、毎日、いつも何か考えているんですよね。

私は、足助町の山奥の一軒家で育ちました。
だから、よく、牛小屋(どの家でも、一頭は飼っていましたよ。)の屋根に登り、石梨(硬い梨)をかじりつつ、空を眺めていました。
特に何も考えず。

家に帰り、辞書を引きました。

瞑想:目を閉じて深く静かに思いをめぐらすこと。

空を30分ぐらい眺めていたら、なんだかスッキリしました。
これも、瞑想の1つだと思うんですが。



電位治療とマイナス電気
今日ご来店のお客様です。

朝起きた時に、奥様の背中が痛く、なんとなく体調も悪いとのこと。
病院で検査しても何も異常は見つからず「枕が原因かも?」と当店へご来店。

枕よりも敷寝具に原因がありそうです。

敷寝具は「電位治療とマイナス電気で加温する自然でやさしい加温機能が同時に得られ寝具」をお使いとのこと。

ご夫婦でDサイズをお使いです。
ご主人様
「私は、背中は痛くない。
ただ、スイッチを入れて寝ると熱くて寝れないから入れていない。」
Dサイズなので、全面電気を入れることも、半面だけ入れることもできる様子。

奥様
「私は、朝起きると背中が痛い。
スイッチを入れて寝ないと寒くて寝れない。」

この寝具は、身体にいいのでしょうか?
ご夫婦のこの会話で結論は出ていると思うんです。

ご主人様は、スイッチが入っていると熱くて寝れない。
そうですよね、おふとんの中は体温より少し低い33℃くらいが寝やすいです。

奥様は、毎晩毎晩、電気で温められた寝具で寝ていたので、自分で自分を温める機能が低下してしまったと思うんです。

そして、この敷寝具は奥様には硬すぎると思うんです。

ただ、高いお金を出して買われた寝具なので、なかなか手放す事ができないご様子。
今日は、お話だけで帰られました。

今晩も、その寝具をお使いかと思うと胸が痛んでしまいます




石けんと合成洗剤の見分け方
石けんと合成洗剤の見分け方

容器側面、もしくは裏面に掲載されている「家庭用品品質表示法」の「品名」と「成分」を確認してみて下さい。

石けんも合成洗剤も「界面活性剤」の1種です。
が、「石けん」に分類されるのは「脂肪酸ナトリウム」と「脂肪酸カリウム」です。
動植物性油脂に苛性ソーダ(液体は苛性カリ)を反応させたもののみです。

それ以外の界面活性剤(合成界面活性剤)を主成分とするものは、全て合成洗剤です。

界面活性剤とは、洗剤の主成分です。

油になじみやすい成分と水になじみやすい成分を1つの分子に合わせ持つことで、水に溶けにくい油汚れを浮かせてとり、再汚染防止といった性質も持っているもの。

「脂肪酸ナトリウム」や「脂肪酸カリウム」も界面活性剤です。
だから、石けんは、界面活性剤そのものとも言えます。

つまり、界面活性剤自体は決して悪い物ではありません。
問題なのは、合成界面活性剤。

洗浄力をもっと強める為に、天然の原料だけでなく、さまざまな化学物質が配合されています。
油汚れをとる力を強める為に、タンパク質の分解能力を高めている事が多く、それが、肌荒れ等の原因にもなっています。

やっぱり、ゆきこママは、石けん生活をおすすめします。

※市販のシャンプーやリンスの多くは、合成洗剤に分類されるのですが、これは化粧品に属するため「合成洗剤」の表示はありません。








睡眠と風邪のふか~い関係
娘が昨日、学校からこんなプリントを貰ってきました。

**********************************

「睡眠と風邪のふか~い関係」

風邪をひかないように日頃から十分気をつけていても、朝目が覚めた時に喉がイガイガし、「しまった!」と思ってしまうことがある。

もちろん、睡眠は1日の疲れをとり、風邪に対抗するための体力を回復するために欠かせないが、睡眠中は残念ながらウイルスへの抵抗力が弱まる時間でもあるのだ。

風邪に対する見識の深い歯学博士の臼田篤伸医師が335人に対して行った調査によると、起床時に風邪に気付く人が全体の半数近くを占めている。

臼田医師によると、睡眠中の風邪は自律神経の働きと関係しているという。

自律神経には、活動時に優位になる交感神経と、リラックス時に優位になる副交感神経の2種類があり、睡眠中は、この副交感神経が主として働いている。
副交感神経が優位になると体の各器官の働きを緩慢にするため、唾液の分泌や唾液を飲み込む動きが著しく少なくなり、喉が極端に乾燥してしまう。
実は、この乾燥した「喉」こそが、ウイルスの繁殖に最適な環境。
鼻や喉が乾燥すると異物を排出する繊毛の働きが鈍るので、ウイルスがより進入しやすい環境を作ってしまうのだ。
しかも、睡眠時には体温も下がっている為、ウイルスにとっては、体内に入り込む絶好のチャンスなのである。

**********************************

娘が休みの朝、ちょっと風邪気味になるのは、①睡眠時+②休日前で副交感神経がすっごく優位になり、喉が乾燥してしまうからなんですね。

その上、休みの前日に③ふとんを干すと、トリプルパンチなんですね。
そして、娘は、④口を開けて眠ります。
あ~、だから、いくら気を付けていても風邪をひきやすくなるわけですね。
妙に納得

そこで、マスクを着用。
マスクが風邪対策に大いに役立っています。

たかがマスク、されどマスクですね



2月は寒いですね・・・保温は背中から
一年中で一番寒い2月がやって来ましたね。

この季節によく聞く声は、やはり「冷え性で寒くて眠れない、なんとかして」です。
寒くて眠れないなんて、辛いですよね。

効果的な方法は、「背中」の保温。

背中には背骨に沿って身体のすみずみまで栄養と酸素を運ぶ血管、大動脈と大静脈があるため、背中から温めると全身の血行がよくなります

血のめぐりが良くなると、とっても寝付きやすくなります。
自律神経の働きも調節され次第に冷え性も改善されていきます。

ただ日本の冬は底冷えがすることもあり、どうしても冷気のある足元からの冷えは防ぎにくいもの。

そこで敷寝具を見直すことが床、畳からの冷えを遮断するよりよい対策法となります。

掛けふとんだけでなく、敷ふとんにも目を向けてくださいね

追伸
睡眠環境アドバイザー・谷澤三義が情報誌COAで紹介されました。



Copyright © ゆきこママは快眠セラピスト. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。