ゆきこママが思うこと・・・「心おだやかにぐっすり眠っていただきたい。そして、少しでもやさしい世の中になってほしい」 ・・・・・ ただ、それだけです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お日様のぬくもり
今朝のお日様です・・・我が家のベランダからパチリ

taiyou.jpg


毎朝7時ちょっと過ぎに洗濯物を干します。
ハッキリ言って寒いです

でも、ささやかな楽しみがあるんです。
お日様がとってもきれいなんです。
そのお日様に手をかざすと、あったかいんです。
お日様のぬくもりに触れると「今日もがんばろう」っていう気持ちが、フツフツと沸いてくるんです。
ありがたいです。
これが、私のささやかな楽しみです。

自然のエネルギーってすごいですね。

******************

ゆきこママの思い

人生の中でいろいろな経験をした。
心の痛みも苦しみもたくさん体験した。

たくさん怒った。
たくさん怯えた。
たくさん泣いた。

そんな時、ただ、そばにいてくれた人がいる。
ただ、笑顔でいてくれた。
ただ、笑顔でいてくれるだけ。

そんな私だから、少しは人の気持ちがわかるかもしれない。
そんな私だから、必要としてくださる人がいるかもしれない。

だから、私は、笑顔でここにいる。

******************

いつかお店の中のお日様になれたらと。
まだまだ修行中のゆきこママです




スポンサーサイト

本当に冷え性?
よく言われます。
「私、冷え性だから何枚もふとんを掛けるよ。」と。
本当に冷え性かどうかは、どこで見分けるんでしょうか

長女の場合です。
羽毛ふとん
羽毛の肌掛ふとん
羽毛の敷ふとん
ラクダの敷ふとん
スプリング

この組み合わせプラス

羽毛のベスト
羽毛のソックス

この2点も使っていました。
まだ、10代で、当店のフルセットを。
「私、冷え性だから。」とよく言っていました。

昨年の秋に、ワンランク羽毛ふとんと羽毛の肌掛ふとんの羽毛の質をアップしました。

そしたら、なんと、一番寒いこの時期でも、ベストとソックスは使っていません。

「今年は、使わないの?」と聞いたら、
「うん、寒くないもの」と。

やっぱり、質の高い羽毛を使うと違うんだと再確認。

それに、寒くなればなるほど、羽毛の良し悪しがハッキリしてきます。
羽毛ふとん選びには、十分気をつけましょうね





品格とは?
次女と本屋さんへ行った時、山積みになっていた本を買ってしまった。
最近話題の「女性の品格」を。

これだけ話題になり、売れているのは、多くの人が品格を求めているからなのか。
そんな品格ってなんだろうと思い私は、買ってしまった。

では、品格とは何か

約束をきちんと守る。
時間を守る。
聞き上手になる。
友人知人の悪口を言わない。
よいことは隠れてする。

・・・などなど、読んでいて当たり前のことが書かれている。
ただ、この当たり前のことがなかなかできない

もう一度読み返してみますね。

あとがきに・・・「強く優しく美しく、そして賢く」とありました。
そうなりたいと思うゆきこママです



1月23日の勉強会報告
23日は、睡眠と寝具の勉強会へ、静岡の島田まで行ってきました。

benkyou.jpg

向かって右にみえる方は、私たち夫婦が尊敬する、睡眠と寝具の神様です。
日々、お客様の眠りの質の向上を目指してみえる方です。
この方にお会いするだけでパワーアップできる、ゆきこママです。

勉強会は、17名の参加。

そこで一番感じた事。
ぐっすり眠る為には、トータル的な提案が必要だということ。

今までは、寝具をご提案することで、眠りの質の向上を目指してきました。
しかし、寝具を代えただけでは、睡眠が改善されないケースがあることも事実。
その場合、生活習慣やライフスタイルに問題があることが多々あります。
そこで、生活習慣をお聞きして、アドバイス。

そうなんです。
やはり、快眠の為には、トータル的なサービスが必要となってくるんです。
これが、一番感じた事です。

またまた、勉強の日々が続きます



知ってました?冬こそダイエットって?
知ってました
冬こそダイエットに最適な事を?

気温が低い冬は、体が熱を作ろうと、頑張ってエネルギーを消費しているんです。
反対に、気温の高い夏は、あまりエネルギーを消費していません。

なので、冬は夏より約10%近く基礎代謝量が高いんです。
つまり、冬のほうが夏より、ダイエットに向いてるんですね。

今まで、知らなかった。
同じ距離を歩くなら、夏より、冬に歩いた方が、ダイエットには効果的なんですね。

この事を知ってから、朝のウォーキングが苦ではなくなりました。

冬こそダイエットのチャンスです



「ホッ」とする空間
ゆきこママの部屋のお客様からよく言われます。

この部屋に入ると「ホッ」とすると。

豪華な部屋ではありません。
ただ、森の中をイメージした部屋です。
ありがたいことです。
heya-1.jpg

この部屋で少しでもリラックスしていただければ幸いです


いろいろなふとんやさんの最後に当店へ
最近、多いんです。
インターネットで情報収集して、いろいろなふとんやさん巡りをしてから、最後に当店へみえる方が。

そんな方は、いっぱい、いろいろなことを知ってみえます。
主人でさえも知らないような寝具名も時々言われます。

それなのに、なぜ、最後に当店へみえるのか
情報量と商品が多すぎて、最後は何がいいのかわからなくなるみたいです。
そんな時に、情報を整理して、アドバイスしてほしいみたいです。

今日の午前中にもみえました。
主人のアドバイスに納得されて、寝具のご予約を頂きました

睡眠と寝具に関することでしたら、気軽に相談に来ていただけたらと思った1日でした





家庭って何の為にあるの?
家庭って何の為にあるんでしょうか

我が家も世間並みに、「うれしい~」と思う事や「なんで~」と思う事が起きます。

4年ぐらい前に「なんで~」と思う事が我が家に起きてから「家庭って何の為にあるんだろう」と考えるようになりました。

そして、昨年末に、家族4人揃ってご飯が食べれる事の幸せに気が付きました。
たった、これだけの事に気付くのに4年もかかるなんて。
でも、あまりにも日常過ぎて、気付かなかったかも。

何でこんな事を書いたかというと、今週の中日新聞に、考えさせられる記事が載っていたから。

夜回り先生の「明日を求めて・・・子どもたちへ」

クリスマスから年末、お正月と、私にとっては一番忙しい季節です。
多くの子どもたちが、夜の町に繰り出し、危険な目にあったり、あるいは、一晩中メールや携帯電話で寂しさを癒やそうとしています。
その理由は簡単です。
家庭が、多くの子どもたちにとってこころが安らぐ幸せな憩いの場ではなくなっているから。
また、家族が、日々楽しく助け合い、いたわり合い、支え合う大切な仲間ではなくなっているからでしょう。

※平成20年1月7日の中日新聞から引用

編集局デスク「三丁目の夕日」

駄菓子屋のある路地で、こま回しや竹馬に夢中になる腕白(わんぱく)坊主たち。
通りかかる自転車のアイスキャンデー屋やオート三輪。
家に帰れば、ちゃぶ台で家族そろって晩ご飯。
どの光景も懐かしい。

※平成20年1月12日の中日新聞から引用

読んでいて、なんだか寂しくなってしまいました
でも、この記事で、見失ってはいけないものがハッキリしてきたゆきこママです。

何か感じて頂けたら幸いです。




ボケ防止
皆さん、歩いてみえすか

今日、おふとんを買いにみえたお客様との会話です。

「ふとんの配達は、夕方、5時半過ぎにしてくれる?」とお客様。
「はい、いいですよ。」と。
「毎日、ウォーキングを40分しとるで、その時間はおらん。」
「すごいですね。」
「ストレッチと太極拳もやっとるよ。
運転しないから、自転車で、どこでも行くよ。」と。
「いいですね。」
「じゃあ、夕方ね。」と言われると、自転車にまたがり、さっそうと帰られました。
67才の女性です。
自転車の後姿が、すっごく若々しくステキでした。

足は、第二の心臓といわれています。
歩くことによって足の筋肉が収縮し、毛細血管に滞留しがちな血液を押し出しています。
心臓が体内に押し出す血液の循環を足が助けているのです。
特に脳は多量の(血液が運ぶ)酸素が必要です。

歩くことで酸素が多く脳に送られると、脳の活動が活発になり、これに外界の刺激がプラスされると発想力、想像力、記憶力がいっそう増すそうです。

ボケない為にも、歩きましょうね
・・・私も頑張ります




1月7日は「七草粥」
1月7日は七草粥の日ですね。
七草をお粥にして1月7日に食べる七草粥の習慣は、江戸時代に広まったそうです。

「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」
これが言えたのは、次女だけでした。
残念ながら、私の脳は、忘れていました

七草はいわば日本のハーブ。
そのハーブを胃腸に負担がかからないお粥で食べようというのですから、正月疲れが出はじめた胃腸の回復にはちょうどよい食べものですね。
また、あっさりとした塩味のお粥は、少し濃い味のおせち料理がつづいたあとで、とても新鮮な味わい。

「今年も家族みんなが元気で暮らせますように」と願いながらいただきました。

おいしかった




やっと!!枕相談に来れた!!
今日、ご来店の、お客様の一言。

「やっと枕相談に来れた
前々から、来たかったのよ
この新聞記事のお店ですよね」 
カバンから、「切り抜き記事」を出して、見せて下さいました。

・・・・・その記事は、もう9年も前の、中日新聞に掲載されたもの。

来よう来ようと、思い続けて「9年」の歳月が経過していたようです。

肩をさわらせて頂いたら、カチカチ。
9年前にみえてたら、こんなに硬くはならなかったかも
悩みは、一刻も早く解決したほうが、体にいいのに
枕だけでなく、敷ふとんにも問題が多々ありました。

「快眠」への近道は、原因の早期発見・早期対応です


そんなに長く、悩まないで~
今日は、おふとんのご相談に、二組のご夫婦
いろいろなお悩みが。

皆さん、合わない寝具で悩んでみえるんですよね。
悩んで悩んで悩んで、もうダメって思うようになってからみえるんです。

ただ、いつも思うんです。
もう少し早くみえてたらこんなに悩まなくっても、こんなに我慢しなくっても良かったのにと。

眠る事でストレス解消ができるのに、眠ることで悩んでストレスになるなんて。

今年も、少しでもお客様の「快眠」のお手伝いができればと、夫婦でコツコツ頑張ります

どうかよろしくお願いします


Copyright © ゆきこママは快眠セラピスト. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。