ゆきこママが思うこと・・・「心おだやかにぐっすり眠っていただきたい。そして、少しでもやさしい世の中になってほしい」 ・・・・・ ただ、それだけです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子は親の鏡
今日、親として「ドキッ」とする言葉と出会いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「子は親の鏡」

けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる
とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる
不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる
「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもはみじめな気持ちになる
子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる
親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる
叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう

励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる
広い心で接すれば、キレる子にはならない
誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ
愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ
認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる
見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる
分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ
親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る
子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ
やさしく、思いやりをもって育てれば、子どもは、やさしい子に育つ
守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ
和気あいあいとした家庭で育てば、子どもは、この世はいいところだと思えるようになる

「子供が育つ魔法の言葉」(ドロシー・ロー・ノルト、レイチャル・ハリス共著、石井千春訳、PHP研究所)より引用

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

親として反省することがたくさんありました
スポンサーサイト

トリートメントの最中って?
トリートメント後のお客様との会話

「トリートメント中って、頭を使わないからスッキリ」と。
「最初から最後までおしゃべりをされる方もおみえです。」と。
「え~っ、もったいない
ここで、頭を使ったら、どこで使わないでいられるの」と。

頭を使わないでスッキリされて帰られる方。
おしゃべりでスッキリして帰られる方。
いろいろな方がおみえになりますね。

少しでも「ゆきこママの部屋」でストレス解消して頂き、夜、ぐっすり眠って頂ければと。

ぐっすり眠って頂くための「ゆきこママの部屋」です。

寒いものは寒いよ!!
知り合いが「冬は大嫌いだって寒いもん。」
「そんなに寒いの嫌い」と聞いてみた。
「冬は寝るのが嫌い寒いもん。ふとんを3枚重ねても寒い。だから、いっぱい着て寝る。」と。
「3枚もふとんを掛けるのそんで、何を着て寝るの」と聞いてみた。
「下着と厚いパジャマとフリースと靴下と首にタオルを巻くの。」と。
「う~ん」と、うなってしまった。

私は、薄いパジャマのみ。
半袖のパジャマでもいいくらいなのに。

知り合いは、ただ、単にふとんが寒いだけだと思った。
あったかいふとんなら、最高で2枚も掛ければ十分。

寒いふとんは何枚掛けても寒い。
そして、重くなるので心臓への負担が増えるだけ。

「敷ふとんはどうしてる」と。
「木綿ふとんと毛布。」と。
これもまた寒い組み合わせ。
これでは、冬が嫌いになるわけだと、すっごく納得。

「ふとんに関心を持つと、寒い冬が楽しくなるよ。」とだけ伝え、その日は別れた。

やっぱ、寒いものは何枚重ねようが寒いよ



トリートメント後のお客様の笑顔ってうつくしい!
よく思うんです。
トリートメント後のお客様の笑顔ってうつくしいと。

メニューは、ボディコースのみ。
フェイシャルはありません。
なのに、トリートメント後のお客様の笑顔ってうつくしい

昨日のお客様は、超冷え性。
足もおしりもすっかり冷えていた
そのお客様も、90分のトリートメント後の笑顔はうつくしかった

そんな時、幸せを感じるゆきこママです。
「感謝」です。
ありがとうございます。

そんなうつくしい笑顔が見たいから、今日も頑張ろう

なんのために生きてるの?
昨日の夜、娘から聞かれた。
「なんのために生きてるの?」と。
真剣なまなざしで。

なかなか難しい質問だ。
う~ん、どう答えようか。

「与えられた命があるから生きている。」とその場は答えた。
私なりに真剣に答えたつもり。

今まで、そんなに深く考えた事は無かったような気がする。

娘から与えられた課題をしばらく考えてみようと思う。

・・・・・突然の質問に、正直、びっくりした



ストレスって何?
ストレスって何だと思いますか

私は、ストレスは外部から受けるものだと思っていました。
が、ストレスの大部分は自分自身で原因を作っているんだそうです。

こう言うと、「エッ」と思われるかもしれませんが、ストレスというのは、「こだわり」から生まれた緊張感なんだそうです。
よくリラックスといいますが、緊張感をゆるめ、余裕を持つようにすれば大抵のことは受け流せるようになり、ストレスは溜まらないそうです。

その人の心の中にある「こだわり」が、悩みを引き起こし、楽しく生きるための妨げになっているのですね。

う~ん楽しく生きたいのに楽しめない原因を自分で作っているなんて。

私もストレスが溜まりつつあるので、トリートメントを受けに行ってきます。
・・・筋肉の緊張をゆるめると、心もほぐれるから


知ってました?
なにげなくシャボン玉だよりを読み返していたら下記の内容が。
これは、皆さんに知って頂きたいとブログへ。
ぜひ、読んでみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

体内に蓄積される毒


先日、知人が東京都内で石けんを購入しようとしたが見つからず、直接商品を送ってほしいと連絡を受けました。
その方は産婦人科で看護師を長年続けられている人で、次のようなことを話されました。

最近の若いお母さんが出産したときにでる「羊水が石油くさい」と言う衝撃的なお話でした。
それ以来、合成洗剤の怖さを知り石けんに切り替えたとのことです。

その方の話だと、口から入る食品添加物や化学物質は尿や便から排出されるから少しは良いが、合成洗剤は皮膚から浸透するから体外に排出されにくく体内に蓄積され危険であると話してくれました。
私達が「合成洗剤追放運動」で訴え続けて来たことが現実に起こってきたのです。


化学物質が恐ろしいのは、長い年月をかけて少しずつ体を蝕んでいくことです。
しかし、体に蓄えられた「毒」は出産と同時に濃縮された毒となって子供の体へと引き継がれていくのです。

最近の20代、30代の人に難病が増えているという話を耳にしますが、その親に当たる世代から合成洗剤をはじめとする化学物質が蔓延し、生活の中に入りこんできた背景を考えると無関係とは言えないことがわかります。


・・・シャボン玉友の会だよりより引用
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

知らないと怖い内容ですね
次世代の事を考えると何をしたらいいのでしょうか?
しっかりと考えていかないといけませんね。

シャボン玉石けん
http://www.suiminkan.net/shop/shabon/index.html


心も体もぽかぽかに
昨日のお客様。

このところ、いろ~んな事があって、大変だったみたい。
とても心の優しい方。
優しいからこそ、いろいろ感じられてしまうのでしょう。

ちょっぴり、心も体も冷えてみえました。

トリートメント後に、「ぽかぽかになりました」と笑顔で。

昨晩は、ぐっすり眠っていただけたかな?

お客様の笑顔は、私の幸せです

せっぱつまらないとやりません。
4月から体重減に挑戦
只今、9㎏減。
目標まであと1㎏。

そのきっかけは、健康診断。
コレストロールがちょっと高め。

今まで「やせたいな」と思っていましたが、言葉だけ。
ただ、数値を目で確認すると「エ~ッ」となります。

知り合いで「あっ、やせた?」と私が聞いた全員、健康診断で引っかかっていました。
・・・そういう年なんですね

あんまり急に減らすとリバウンドが怖いので、徐々に。

ウォーキングは、以前からやっていました。
増やしたことは、30分の半身浴・玄米ごはんかな。
玄米ごはんにしたら、それにあうおかずをつくるので、自然に魚と野菜が増えました。

すると、今まで、玄米ごはんを嫌がっていた次女に「最近、焼肉行っていないから、行きたい?行こうか?」と聞いたら、「私そんなにお肉が好きじゃなくなってきたからいい。」と。

う~ん、今まで、「肉、肉、肉」だったのに。

私の体重減以外でもいいことがありました




なぜ?ふとんやで石けん?
よく聞かれるんです。
「なんでふとんやで石けん売ってるの?」と。

うちのふとんは、水洗いができるんです

天然繊維を合成洗剤で洗いたくなかった。
ふとんに申し訳なくて。

そんなこんなで、天然のシャボン玉石けんにたどり着きました。

羽毛ふとんは、なかなか家庭では洗いにくいけれど、小物のダウンソックスとかダウンベストくらいは、簡単に手洗いができます。
そんな時に天然石けんを使って欲しいなと思い、売るようになりました


なぜ?セラピスト?
よく聞かれるんです。
「なんでセラピストになったの」と。

40過ぎまで、アロマって何トリートメントって何でした。

人生って楽しい事も多いけれど、なんでって思うような大変な事も起こりますよね。
私にも、なんでって思うような事が40歳を過ぎた頃に「ドッカーン」と。
・・・その、なんでって内容は、おいおい綴っていこうかと

その事を考えると眠れなくなりました
眠れても超浅い眠りに。

そんな体調の時は、ネガティブな思考へ

そんな時、ふとんやのお客様から「アロマテラピートリートメント」なるものがあるよと。
「そんなに気持ちいいものなら1回やってみたい」と。

やってみたら「気持ちいい
その日の夜は、久しぶりに熟睡。

またまた、違うお店に行きました。
そこでは、トリートメントもよかったけれど、おしゃべりも楽しかった
その日の夜も熟睡。

熟睡できると、思考も前向きに。

いくらいい寝具でも、心のバランスが悪いと眠れないことは知っていましたが、身を持って実感。

そんなこんなで、気が付いたらトリートメントのスクールに通っていました





なぜ?ふとんや?
よく聞かれるんです。
「なんで?ふとんやさんになったの」と。

とある縁で、豊田のふとんやさんと結婚
それがふとんやさんになった理由です。
・・・なんと単純

結婚する時「ふとんやだから婚礼ふとんは持ってこなくていいよ!」と。
どんなふとんを使わせてくれるのか楽しみでした。

掛けは、羽毛ふとん。
・・・軽くてあったかでした。
うわさどうり

敷きは、キャメル敷ふとん。
・・・キャメル
つまりラクダの毛の入った敷きふとん。
・・・なんだそれは
今まで、聞いたこともありませんでした。

でも、使ってみるといい感じ。
サラッとしていて背中が気持ち良い。
なんだか、それだけで幸せを感じてしまいました。

・・・その幸せもつかのま。
ふとんやとしての勉強が始まりました。

「子育てと電話番だけでいいよ!」って言っていたのに


はじめまして
はじめまして.
ゆきこママこと谷澤幸子です。

ゆきこママの思い

人生の中でいろいろな経験をした。
心の痛みも苦しみもたくさん体験した。

たくさん怒った。
たくさん怯えた。
たくさん泣いた。

そんな時、ただ、そばにいてくれた人がいる。
ただ、笑顔でいてくれた。
ただ、笑顔でいてくれるだけ。

そんな私だから、少しは人の気持ちがわかるかもしれない。
そんな私だから、必要としてくださる人がいるかもしれない。

だから、私は、笑顔でここにいる。

末永くお願いします。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました・・・ゆきこママこと谷澤幸子

睡眠館オーガニック
http://www.suiminkan.net/
アロマ&リフレ ゆきこママの部屋
http://www.suiminkan.net/aroma/

お問い合わせ
パソコンメール:organic@hm.aitai.ne.jp
電話:0565-21-0125


Copyright © ゆきこママは快眠セラピスト. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。