ゆきこママが思うこと・・・「心おだやかにぐっすり眠っていただきたい。そして、少しでもやさしい世の中になってほしい」 ・・・・・ ただ、それだけです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気毛布を使うとぐっすり眠れない!!
これからの季節、電気毛布を使うという方は意外と多いんです。
でも、使った時、だるい、ぐっすり眠れない、などの体の不調を感じているはず。
電気毛布には、睡眠中に体を壊す危険が潜んでいるのです。

dankimoufu1.jpg

では、どうしたらいいのでしょうか?

1、足元の冷たさを防ごう!

足元の冷えを防ぎ、温度を上げることで、深部体温の低下がスムーズに行なわれ、寝つきも良くなります。
その為には、ソックスを履いて寝るのがおすすめです。
足を締め付けないゆったりしたもの、ムレずに暖かさを逃がさない羽毛の素材のものを選ぶとよいでしょう。

2、腰と背中をしっかり保温!

寒くて眠れないときには掛ふとんを何枚も重ねてしまいがちですが、そんな時こそ、敷寝具にこだわり、腰や背中の保温を整える事が重要です。
掛ふとんはできるだけ軽くし、敷ふとんで保温性を高める方が、体への負担が少なく、暖かに眠れるのです。

3、ポカポカ寝具でぐっすり

ふとんの中の湿度が高いと、不快なだけでなく、寒さや冷たさも増します。
だからこそマメに日干しをして、清潔で暖かい状態を保ちましょう。
その為にも、保温性があり、吸湿・発散性に優れた、天然素材の寝具がおすすめです。
天気がすぐれない日が続く時には、寝る前にふとん乾燥機で暖めるのも良い方法です。

4、掛ふとんは軽いものを

寒いからといって掛ふとんを何枚も重ねると、呼吸がしにくい、寝返りが打ちにくい、睡眠中の血圧が上昇するなど、体にとって多くの負担をかける事になります。
掛ふとんは、優れた保温力があり、軽くて暖かな羽毛がおすすめです。
睡眠中の体温低下時も、体をやさしく包み込んでくれる羽毛なら、より快適に眠ることができます。

5、肩口の冷えはしっかりとカバー

ふとんをしっかり掛けていても、肩口がスースーと冷たくてはなかなか眠れないものです。
そんなときは、襟のあるパジャマや保温性の高いベストを着て、肩や首すじから熱が逃げるのをしっかりとカバー、という工夫も効果的です。

6、就寝前の入浴でポカポカ、ぐっすり

1日の疲れをとり、ぐっすり暖かに眠る為にも欠かせないのが、就寝前の入浴タイム。冷えを防ぐだけでなく、自律神経がリラックスし、体内リズムがうまく調節されることで、自然な眠りを誘います。
ただし、熱いお湯での入浴は、眠気が遠ざかってしまうので逆効果。
ぬるめのお湯にゆっくり浸かるという上手な入浴法が、からだの眠る準備を整えてくれます。

では、具体的には、どんな寝具がおすすめなのかお知りになりたい方は、睡眠環境アドバイザーによるカウンセリングを受けられることをおすすめします。

寝具を替えるのに今が一番体への負担が少なく、いい季節なんです。

今年の冬は、電気毛布を使わないで、気持ちよく眠ってみませんか?
そのお手伝いをさせて頂ければ幸いです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました・・・ゆきこママこと谷澤幸子

睡眠館オーガニック
http://www.suiminkan.net/
アロマ&リフレ ゆきこママの部屋
http://www.suiminkan.net/aroma/

お問い合わせ
パソコンメール:organic@hm.aitai.ne.jp
電話:0565-21-0125


 
スポンサーサイト

電気毛布って使っていいの?
今日、ご来店のお客様からのご質問です。
「冬に電気毛布を使っています。なんだか、良く寝れないんです。なぜですか? 」と。

人間は、一晩にコップ1杯(約200cc)の汗をかきます。
が、電気毛布を使用する事によって、より多くの水分を必要としますので、喉が乾いたり、多くのエネルギーを消耗します。
特に気を付けなければならない事は、体の体温調節機能が低下して、自律神経系に多くのダメージを与える事は、良く知られた事実です。
この様に、電気に頼る睡眠方法は、ますます寝られない体質に変化してしまうのです。

もう一つのご質問。
「電気毛布を長年使用していると、冷え症になると聞きましたが本当でしょうか? 」と。

電気毛布依存症で、最も顕著にあらわれるのが、自律神経失調症です。
自分の体温を自分でコントロールできずに、より冷え症になってしまうことです。
毎日、車の運転ばかりしていると、足腰が弱くなってしまう様に、暖かさの源を電気ばかりに依存していると、よりひどい冷え症になってしまうのです。

このように、電気毛布はおすすめできません。

電気毛布を今までお使いの方は、寒くなる前に、電気毛布を使い始める前に、健康の為に、寝具の見直しをおすすめします。

その際の寝具選びは、ぜひ、睡眠環境アドバイザーにご相談ください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました・・・ゆきこママこと谷澤幸子

睡眠館オーガニック
http://www.suiminkan.net/
アロマ&リフレ ゆきこママの部屋
http://www.suiminkan.net/aroma/

お問い合わせ
パソコンメール:organic@hm.aitai.ne.jp
電話:0565-21-0125



電磁波
みっくんパパが「電磁波テスター」を購入しました。
以前使っていたものが壊れたので。

denjiha.jpg

今度のは、新型(向かって左)なので、数値が細かくデジタルで表示されます。

さっそく電磁波テスターを持って、家の中を歩きました。

数値が高いものは、パソコン・テレビ・電子レンジでした。
でも、1m離れると、ぐっと下がります。

ふとん屋として計ったのは、電気毛布。

denkimoufu.jpg

数値がグ~ンとアップ。
・・・・・やっぱり。
電気毛布からは、1m離れる事はできません。

この数値を見てどう思われますか?

さて、次は、何を計ろうかな?
電気を使っている寝具は意外と多いから。

※当店の寝具には、電磁波テスターは反応しません。
  電気等は使っていませんので、ご安心ください。




使わないで・・・電気毛布
今朝も寒かったですね
おふとんの話が続いてしまいますが、大事なお知らせです

こんな寒い日は「電気毛布を手放せない」と言われる方がたくさん。

ちょっと待って

寒い冬、電気毛布は体がポカポカと温めてくれる気持ちのよいもの。
しかし、これをONにしたまま眠ってしまうと、人間のからだと健康を損なう強敵に変貌してしまいます。

人の体温は活動中は高く、睡眠(休息)中は低くなる自然のメカニズムがあるのですが、電気毛布はこのメカニズムを阻害するため体温が下がりません。

これでは深い眠りがとれなくなるだけでなく、回復力や免疫力も低下させるのです。

電気毛布を使った次の朝、喉が渇いたり、体がだるかったりなんて感じた事がありませんか?

電気毛布に頼らず、ぬくぬく「安心・安全」に眠れる方法はありますよ。
だから、電気寝具に頼るのはやめましょう。

・・・磁気寝具も使わないでね。


Copyright © ゆきこママは快眠セラピスト. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。